パパ活募集サイトで、最近常識となりつつあるスタイルがあります。
それは、多種多様な書き込みから垣間見えてくるのですが、「ファッションのジャンル」で、自分をキャラ付け・カテゴライズするという傾向です。つまり最近では、投稿者がファッションジャンルにこだわりを求めているということです。

もちろんファッションに何らかのこだわりを持っている、ということですから年代も若者層といったところですが、男女別に比較してみてみても、よく好かれるファッションなども一定の傾向が現れてきます。例えば、ストリート系・キレイ系・ゆるカジ系・お兄系なおど、独特の言い回しでジャンル訳されています。また、最近の女性が男性に求めているファッションセンスとうものには、ファッション系雑誌からの影響も色濃くあるので、メンズ・ノンノ、チョキチョキ系などといった言われもすることがあります。

とはいっても基本的に好意的にみられるスタイルは「キレイ系」が支持を得ています。とはいっても、女性によっては嗜好の音楽ジャンルにちょってもファッションの好みは現れてくるので、ブラックミュージックやクラブ系のファッションであればB系と呼ばれるアフリカン・アメリカンスタイルの文化や服装を取り入れたものが好かれる・・・など、様々です。これ対応するには、書き込みを良く観察することが求められ生ます。なかには、ここまで目を通してみても、いざ自分の格好がなんなのか解らない、或いは「チョキチョキなんて始めて聞いた」男性諸君も少なくないと思います。

だからこそ、今のパパ活募集ではハンディになりかねないのです。そこで、これを機会に何かしらのファッションを着こなしてみるのも一つです。仮に、意中の相手が挙げていたファッションに自分のファッションがカテゴライズされなかったとしても、自分に一貫した何らかのファッションや、雰囲気・ニュアンスをもっていることは、相手に自分をアピールする一つのセールスポイントに発展します。人間ですから、それぞれがファッションに違いやこだわりを持っているわけですから、今の流行ファッションがしっくりこなかったり、好きになれなくても当然です。でもそれであれば、かえって意固地になるのではなく「自分はこういうファッションで、こんなニュアンスなんだ」と口調を柔らかにそれとなく伝えることでおさまります。ただ、ジーパンにTシャツなどあまりにもカジュアル・ラフなスタイルは無視されてしまいかねませんから、そのさじ加減には些か注意が必要のようです。

一言でファッションといっても、ブランド品でかためてしまえばいいというものでもありません。質よりも、寧ろ個性やセンスがきらめきをみせます。ですから、パパ活募集サイトでは、ファッションセンスもポイントになること請け合いです。

関連記事

    None Found