売春行為が、犯罪だと言う事は、ほとんどの人が熟知している事だと思いますが、援交は犯罪行為ではないと考えている人もいるそうです。でも援交も、立派な犯罪になるのです。

援交自体も、金品と引き換えに、体を提供する、すなわち売春行為にあたるので、れっきとした犯罪になります。でも、金品の受け渡しをしている際の現場を押さえる事がない限り、犯罪としての現場も押さえられないので、まぁ大丈夫だろうと言う、安易な考えを持っているようです。

確かに、援交相手が成人している人だと、それが犯罪であったにせよ、第三者に発覚する事はないと思います。ただ、援交に及ぶ男性か女性がまだ未成年と言う場合で、特に女性側が未成年だとすると、それはかなりの高確率で、犯罪行為として扱われ、世間にも公表されます。

と言いますのも、援交をしている女性が、なんらかの原因によって、警察に補導されてしまう事がある場合です。この場合は、現場とかは関係なく、未成年との淫行条例違反により罰せられる事になります。

実際に、今までも援交と言う言葉を使わずに、『未成年者に対して、みだらな行為をする引き換えとして、金品を提供した』として逮捕に至った大人が、これまでにも何人も存在しています。

ですので、援交は犯罪行為にあたると言えるのです。女性がまだ未成年だから、事が大きくなって悪い状況になってしまったと言う言い方も出来るのですが、決して未成年がしてもプラスになる事なんてありません。

ではここで質問ですが、相手が未成年であるがゆえに、実は援交をしてみたかったと言う意見が、男性の本心としてふさわしいのではないですか?

ほとんどの人は、こういう事も全て承知の上で、援交を何度も経験し、それでも誰にも気づかれていないと言う人も当然中にはいると思います。

このまま周囲に気づかれずにと考えて、また援交に手を出す人も実際は多いのかもしれませんね。